ボーイングがスマホを開発?

アメリカの航空機メーカー「ボーイング」。

そのボーイングがスマートホンを開発するそうだ。

普通のスマホと大きく違う点は、分解しようとすると「自壊」するということ。

機密保持のために自動で「自壊」するのだそうだ。

「自壊」と聞いて、アニメに出てくるような爆発を伴うような「自壊」かと思ったら、そうではないらしい。

爆発しちゃ危険ですよね。

火薬も入れておかないといけないし。

データだけが壊れるとのこと。

主に政府機関に販売するそうだ。

なるほど。

納得。

タバコが原因?

フロリダ大学の研究によると、喫煙は睡眠にも悪影響を及ぼすかもしれないとのこと。これまでにも喫煙と睡眠の関係を調べた研究は行われてきましたが、過去の喫煙習慣と睡眠との関係を調べた大規模な研究はあまり行われていませんでした。

この研究では、20歳以上の成人を対象に食事や喫煙習慣などに関するアンケートと、心身の健康測定、血液検査などを行ったそうです。

 

喫煙している人(喫煙者)・過去に喫煙していたが禁煙した人(禁煙者)・喫煙をしていない人(非喫煙者)に分けて行いました。

そしてアンケート結果は

「寝付きが悪い」喫煙者11.9%%、禁煙者7.0%、非喫煙者4.8%

「夜中に眼が覚める」喫煙者10.6%、禁煙者7.8%、非喫煙者5.3%

「早朝に目が覚める」 喫煙者9.5%、禁煙者6.3%、非喫煙者4.6%

という結果になったそうです。喫煙している人と過去に吸っていた人のほうが多いんですね。喫煙者と禁煙者を足すと、非喫煙者の3倍にもなるんですね…。

 

この調査から研究グループは、ニコチンの刺激作用が原因で喫煙者の睡眠の質と量が損なわれるのではないかと考えています。 他の研究で、タバコを止めて睡眠が改善するという結果になったものもあるそうです。

なんかこれを聞くと煙草が更に怖くなってきますね…。自分は吸っていないのですが、ホントにやめておこうと思いましたよ。

 

自分は睡眠障害かもしれない…と思う方、もしかしたら煙草吸ってたりしますか?これを見てちょっと考えてみては…?

煙草吸ってないけど不眠症…なんて人もいると思います。そんな方は下のサイトで探してみてはいかがでしょうか?

>>不眠症・睡眠薬 朝までぐっすり眠りたい

復職支援

相模原市の加山俊夫市長が市内の医療関係者の代表が集う市医療懇話会で、看護師不足の解消に向けて、結婚や出産などで離職してから復職していない「潜在看護師」の復職を支援する考えを示しました。

夜間救急医療現場の実情について「看護師が足りず、顔色を土気色にしながら働いて何とか現場が回っている」と指摘。そこで潜在看護師を活用するため、「復職に向けた講習会を開き、復職を支援していきたい」と話されたそうです。

加山市長は、会場の提供だけでなく資金など財政面での支援も考えているそうです。

 

子育てに余裕が出来て自分も働こうかな、と考えている主婦の方、少なくはないと思います。実際その「潜在看護師」はかなりの人数になるそうです。結婚や出産だけでなく、何か理由があって離職してから復職していない人もいるそうですね。

その潜在看護師の復職支援、とても良い案だと思います。復職したくてもどうすれば?という方の為にもなるのではないでしょうか。

そんな潜在看護師と呼ばれるような方いらっしゃると思います。このような支援もしている市もありますし、今がチャンスではないでしょうか。

マイナビ看護師 口コミで検索して探してみてはいかがでしょう。

日本の看護師対応に感動

ある中国人夫婦が日本を訪れている際、体調を崩して病院を探した時の体験をブログにアップしています。

目的の病院に着く前、病院らしき建物を発見し、私たちはここで診てもらえないかと中に入った。出てきたのは40歳過ぎの女性だった。女性の英語はほとんどわからなかったが、とても親切だった。なんと私たちの横に膝をついて応対してくれた。中国の病院の看護師の横柄な態度に慣れていた私たちは思わず面食らってしまった。

ほどなくここが健診センターであり、診てもらえないということがわかった。私たちがその場を後にするとき、女性は入口まで送ってくれた。その顔からは申し訳なささが感じ取れた。

その後、目的の病院でのしっかりした対応に感動した様子が続いています。

日本の病院の対応の良さを感謝されると嬉しいものですね。

実際にそうした良い職場で働くには、情報を得る必要があります。 看護師 転職支援金など参考にしてみると良さそうです。

新車販売

増税を前に、駆け込み需要が本格化しています。

 

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した1月の国内新車販売台数は前年同月比29・4%増の49万6105台と、5カ月連続で前年実績を上回りました。

内訳は排気量660cc超の登録車が27・5%増の29万2446台と、1月としては前回の消費増税を控えた1997年に次ぐ17年ぶりの高水準。

軽も32・1%増の20万3659台と、1月では過去最高を記録した。自販連は「駆け込み需要がぐんと高まった」と話しています。

 

これを受けて自動車系ディーラー各社は3月までに登録可能な車を前面にPRして駆け込み需要取り込みに躍起ですね。

ただ、業界では「好調な受注も2月まで」と早くも増税後の反動減を警戒する声が出ています。でもそれもそうでしょう。

増税後の反動は絶対に大きいものになると思います。でも増税後はその反動で売り手は弱気になると思うんですがね?

なんだか前のエコカーのポイントの駆け込み需要を思い出しますね…。

 

この増税を機に今自分が持っている車を買い替えようと思っている方、沢山いると思います。

納車が間に合うかどうかもポイントになってきますし、焦り始める時でしょう。

でも、こういう時だからこそしっかり考えておきたいですよね。自動車 買取 相場で検索してじっくり考えてみてはいかがでしょう。