石垣島の小さなパン屋

石垣島の小さなパン屋さん。地元の人に愛される店です。

沖縄県の石垣島、静かで沖縄らしい雰囲気のある素敵な住宅地に、製造から販売まで、一人で行っているパン屋さんがあります。
小さい子供から、お年寄りにまで愛されている石垣島の小さなパン屋さんの「こぐまパン」。
そんな地元の人に愛される「こぐまパン」のこだわりと秘密をご紹介します。

新石垣島空港から車で35分のところにある「こぐまパン」は、店主の女性は2009年にご主人と石垣島に移住をしてきたのをきっかけに、移住の前から夢であったパン屋を始めました。
小さな子どもから、お年寄りの方々にも覚えてもらえるようにと、親しみを込めて名付けたお店の名前は「こぐまパン」。
店主がひとつひとつ心を込めて、丁寧に作るパンは、地元の人たちに愛されて、すぐに売り切れてしまう日もあります。
また、生地だけでなく、パンに入っているあんこやクリーム、お惣菜なども全て自家製のものを使っていて、どなたでも安心して食べてもらいたいという店主の思いが込められています。

そんな店主の愛がいっぱい詰まった「こぐまパン」。石垣島に立ち寄った際は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?